よか石けんと茶のしずくの口コミ比較

  • HOME
  • よか石けんと茶のしずくの口コミ比較

よか石けんと茶のしずくの口コミ比較

茶のしずくとよか石けん、どっちが人気?

よか石鹸も茶のしずくも、どちらもネットで爆発的に売れている人気商品ですよね。

しかも、どちらもマイルドな天然成分で作られているので、ナチュラルなスキンケアを目指したい方にとっては気になるアイテムだと思います。そんなよか石鹸も茶のしずくも、どちらも泡立てネットを使って泡立てるのが基本です。

どちらも大きな泡が立ちますが、固形タイプの茶のしずく石鹸は泡立てに慣れるまで少し時間がかかることが多いようです。

反対に練り石鹸タイプのよか石鹸は、泡立てネット初心者でも簡単にそしてスピーディに泡を立てる事ができます。

ちなみに、よか石鹸の泡は火山灰シラスの泡、茶のしずく石鹸の泡はカテキンエキスの泡。と言っても、どちらもキメが細かい泡が立つし、どちらもモチモチで弾力性のある泡が立つので、泡自体で比較するのはかなり難しいと感じる方も多いようですね。

ちなみに、私が使った感想は、泡立てに関していえば、「茶のしずくの泡はかなりゆるめ、泡立てに時間をかけても弾力のある泡ができない」対してよか石けんは「技術がなくても簡単にモチモチに弾力泡ができる」というもの。洗い上がりはどちらもさっぱりツルって感じでしたよ。ちょっと茶のしずくのほうが、多く皮脂を持って行かれた様な気はしました。

リピーターが多いのはどっち?!

「よか石鹸、茶のしずく、どちらをリピートする?」と聞くと、ネットでの口コミなどではなかなか判断できない方が圧倒的に多いようです。

洗い上がりにサッパリ感を求めたい方は茶のしずく石鹸を選ぶ傾向にあり、モッチリ感を求めたい方はよか石鹸を選ぶことが多いようです。

しかし、どちらも美肌や美白効果はバツグンなので、季節によって使い分けているという方も多いみたいですね。

お茶の葉カテキンか、それとも吸着力のある火山灰シラスか、どちらもかなり優秀なアイテムだし、違う成分で作られているので甲乙はつけがたいものです。どちらも低刺激なので、肌トラブルを心配することなく使えそうですね。

私の周りでは、人によって肌質なども違うため、よか石けんをリピートしてるひとも茶のしずくを愛用している人もいます。茶のしずくのあのお茶の香りがスキという人もいますし、香りはなくてもいいから火山灰シラスの美肌効果が気にいっているからずーっとよか石けんって人も。私はというと、よか石けんのスピーディで文句のつけようがない泡立ちとさっぱりしっとりの洗い上がりの肌がとても気に入って、結局よか石けんをリピしていますよ。